共謀罪

文出維基大典
往:

共謀之謂也,蓋以二三徒相謀,欲行不法於方來。未必舉動,共謀其罪。[一]諸邦,其氓共謀不軌,則議罪處罰。

日本亦設此名。其國有法,曰《關於咎罰聚結之犯罪及規制犯罪之收益諸事之法律組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律。其第二章新設罪名,曰「共謀聚結之犯罪」組織的な犯罪の共謀,略稱共謀罪。是名之謀也久。西元二千有五年八月,眾議院解散,法案隨廢。同年,特別國會復建茲案,始為審議[二]二千有九年七月廿一日,眾議院解散,廢案。度八歲,適第百九十三回國會,更其所以搆罪,謂「豫備暴襲等事罪」テロ等準備罪內閣輯案以建之,[三][四][五]自民公明二黨並日本維新會諸社,悉贊同其謀。可者維夥,焉乃立名。[六][七]

引據[]

  1. 法務省《共謀罪に関する主要国の法制度
  2. 内閣法制局《第163回国会での内閣提出法律案
  3. 衆議院《閣法 第193回国会 64 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案
  4. 衆議院《組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案
  5. 内閣法制局《第193回国会での内閣提出法律案
  6. 參議院《組織犯罪処罰法を議決》,刊於西元二〇一七年六月十五日
  7. 「テロ等準備罪」新設法 可決・成立》,日本放送協會新聞載於二〇一七年年六月十五日