梧桐道上,如告以「夢君莞爾」,則交誼將若何,斟酌數日,我自赧然想見

文出維基大典
跳至導覽 跳至搜尋

梧桐道上,如告以「夢君莞爾」,則交誼將若何,斟酌數日,我自赧然想見和言鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの,略稱之云「梧桐云云」和言鈴懸なんちゃら秋葉原卌八第卅四曲也,發於平成廿五年。其原文,漢字假名凡七十六字。